• HOME
  • ノマド
  • パラレルキャリアと副業の意味と違い!流行りのパラレルワーカー

パラレルキャリアと副業の意味と違い!流行りのパラレルワーカー

ノートに書く女性
ノマド

コードを打つ女性

最近、注目を集めている「パラレルキャリア」をみなさんは知っていますか?
本業とは別に複数の仕事を行うスタイルで、次世代の働き方とも言われています。
そのような仕事スタイルを目指している方が、「パラレルワーカー」と呼ばれています。

副業と勘違いされやすいのですが、パラレルキャリアは副業と違う意味を持っています。
そこで、今回はパラレルキャリアと副業の違いや、流行りのパラレルワーカーについてまとめてみました。

パラレルキャリアってどんなもの?

パラレルキャリアは、本業を持ちつつ複数の仕事を並行して行うこと。
また、パラレルキャリアとして働く人をパラレルワーカーと呼びます。
例えば、本業は会社員で帰宅後にキャリアアップや趣味のために、違う仕事を行えば、パラレルキャリアになります。
得意なことや興味のあることなど、好きなことを同時に行う新しい働き方で注目を集めています。

パラレルキャリアと副業の違い

パラレルキャリアは、収入を目的とするのではなく、自分のスキルアップを行う働き方です。
そのため、一般的な副業とは意味が変わってきます。

スキルアップが目的なので、「将来は企業を立ち上げたい」「趣味を仕事にしたい」と考える方にぴったり。
また、パラレルキャリアをすることで知識の幅が広がり、本業に役立つなんてこともあるでしょう。

パラレルキャリアが注目される理由

パラレルキャリアが注目を集める理由は、「企業寿命」「経営破綻」にあります。
時代の変化とともに、昔は50年もあった企業寿命が、最近では25年と短くなりました。
定年を迎えるまで安心して働くことが難しくなり、仕事をなくす方も少なくありません。

また、大手企業に就職したから安心できる思いがちですが、定年まで安定して働ける保証はどこにもありません。
今の経営状態が良くても、数年後には悪化してしまい、経営破綻する大企業は少なくないです。

そのため、自分の将来に繋げられるパラレルキャリアが注目を集めているのです。
将来について真剣に考えている、安心できる仕事を長く続けたいなら、パラレルキャリアを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

パラレルキャリアのメリット・デメリット

本を読む女性

それでは、パラレルワーカーとして働くことで、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
正しく知っておかないと、パラレルワーカーとして働いてから後悔してしまいます。
そうならないためにも、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット

人脈の拡大
物事の視野が広がる
スキルアップできる
収入が増える

パラレルワーカーになることで、これまでよりも多くの人と関わる機会が増えます。
人脈が増えることに繋がり、情報交換や仕事の提供などが期待できるでしょう。
さらに、仕事環境が変わることで、物事をとらえる視野が広がります。

得意分野や趣味を仕事にすることで、自分のスキルアップに繋がります。
身に付けたスキルは本業にも生かせるので、幅広い対応力が身に付くでしょう。
また、スキルアップがメインの働き方ですが、仕事なのでもちろん収入は増えます。
将来を安定させるメリットばかりなので、ぜひパラレルワーカーを目指してみましょう。

デメリット

自己管理が大変
自由時間が減る
情報管理が必須

パラレルワーカーは、自己管理がかなり大変になります。
体調や時間の管理ができないと、本業に支障が出てしまうので、注意が必要です。
また、空き時間や休日を使うため、自由時間は減ってしまうでしょう。
そのため、ストレスをため込まないように気をつけましょう。

パラレルワーカーになると、メールアカウントや仕事で使うツールなどが増えてしまいます。
大切な情報が漏れてしまわないように、情報管理を徹底しなければなりません。
情報漏えいになってしまうと、あなたの信用はなくなってしまいます。
ちゃんとデメリットを理解した上で、パラレルワーカーとして働きましょう。

流行りのパラレルワーカーになってみよう

パラレルキャリアは、収入ではなくスキルアップを何よりも重視した働き方です。
パラレルワーカーになれば、自分を成長させられるので、本業に役立てられますよ!
安定した仕事やスキルアップを考えるなら、ぜひパラレルワーカーを目指してみてはいかがでしょうか?

winkey

33,170 views

ゴーストライターです。(なんてね)女の子でよかったーーー!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧