【メモ】カスタム相棒ノートが作れるカキモリに行ってみた

人見知り対策
フリーランス

スマホの時代だからこそ、「書いてまとめる」

スマホが便利なこの時代、メモを紙に書く人は少なくなっていますが、やっぱりペンで自分の字でメモをする方がちゃんと覚えていられるし、そのためのノートを持っている方がその時にあった、大切なことを記録しておく習慣もつきます。
そこで今回は自分の”相棒”となるオーダーノートを作れる、「カキモリ」というお店を実際に行った私がご紹介します。

 

落ち着いた雰囲気の蔵前にある「カキモリ」


「カキモリ」は浅草線の蔵前駅から徒歩8分ほど歩いたところにあります。落ち着いた雰囲気で、小さめの商店やご飯屋さんがある中、蔵前の中では規模としては大きいけれど、文具を扱う店ならではの、やはりちょっと大人な余裕のある雰囲気がある店構え。

 

トレーにあなたのお気に入りを並べて

店内に入って左側一面が、オーダーノートのパーツコーナー。作り方の紙が置いてあるトレーをとって、そこに自分の気に入ったノートのパーツを置いていきます。

主なノートのパーツは、表紙(サイズはB5かB6、向きはタテかヨコ)・中紙・リング・ゴムや封かんなどの留め具。
表紙や中紙は写真のように棚状に置いてあります。表紙はクラフト紙や革に加えて、ファブリックブランドの柄ものなどデザイン性の高いものまで約60種類!
表紙と裏表紙なのでチョイスするのは2種類。中紙も罫線・ドット・無地に加えて材質違いのものなど種類豊富です。
もちろん試し書きもできるので、自分が書き心地の良いと思ったものを選んで。

選び終わったらカウンターに持っていき、お店の人に渡します。カウンターではノートを止めるリング・留め具を選択。リングは色にプラスして、「一辺全部」か「上下だけにリングを留める」か選ぶことができます。ゴム・封かん・ボタンから留め具を決め、オプションでノートの角につけられる角金を選びます。

いよいよ製本へ!ここからはお店の人にお任せ。待ち時間はデート気分で❤︎

あなたが選んだパーツ達は、製本されに行きます。ここからはお店の人にお任せ。製本の目安の時間は通常20分程度。混んでいるとかなり待つときもあるそうだけど、大丈夫!
「終了予定時刻」が書かれた紙には、近くのカフェマップが載っています。そこでコーヒーを飲んだりしながら、どんなノートができるかというまるで初デートの彼を待っているかのようなそわそわした気持ちを味わってみて。もちろんたくさんの文具がある店内で、製品される様子を観察しながら待つのもよし!

おまちかね!手元に、あなただけの”相棒ノート”が!

時間が来たら、ノートを受け取り、お会計をして終了。

私が作ったノートはこれ。ちょっと変わった花柄の模様を表表紙にして、裏側はフェルト生地の大好きなピンク色をチョイス。
裏表紙にはシールを貼ろうと思ってシンプルめにしました。また、リングは手に当たるのが嫌なので上下止めにし、留め具はゴムに。

中身はドット。小さく「kakimori」と、入っているのがちょっとおしゃれです。ちなみに中身には小物入れになる封筒も入れました。下敷きにできる厚紙は、無料でついてきます。


ノートなのである程度の完成形はわかってはいるけれど、受け取った瞬間は「こんなふうになったのね!」という気持ちに。すでに愛おしさもこみ上げてきます。

ちなみに使い終わったら表紙はそのままにして、中身だけを入れ替えてもらうこともできます。

”相棒ノート”を作って「あなたの大切なこと」を記録しよう

自分でカスタムしたノートだから、「いっぱいメモしよう!」「何をメモしようかな」なんてワクワクが。
そんな”相棒ノート”を作りに行ってみませんか?

店舗情報
カキモリ〈蔵前〉(kakimori Kuramae Tokyo)
〒111-0055 台東区三筋1-6-2
【最寄り駅】
・浅草線 蔵前駅:A1出口徒歩8分
・JR浅草橋駅:西口徒歩10分
(駐車場はございません。車でご来店のお客様は近隣のコインパーキング等をご利用ください。)
tel 050-1744-8546
営業時間:12時〜19時(平日)/ 11時〜19時(土日祝)
月曜定休(祝祭日の場合はopen)
ホームページ:http://kakimori.com/

TOP画像引用元

画像引用元:unsplsh

かなこ

88,862 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧