忘れてない?!フリーランスが持ち続けるべき5つのもの

一本道
フリーランス

フリーランスとして、好きなことを仕事にし、自分に合ったスタイルで働いていくことに憧れる人は多いでしょう。

しかし、一度フリーランスとして生計を立てられたからといって、それがいつまでも続くとはかぎりません。フリーランスとして生きていくために忘れてはいけないことがありますよ。

情報をキャッチするアンテナ

今の世の中は、常に情報が行き交い、常識も流行も、ものすごい速さで変化していっています。フリーランスとしてどの分野で勝負するべきか、どんなスキルが必要なのか、適切な情報をキャッチするためのアンテナを張って、ビジネスプランをアップデートし続ける必要があるでしょう。

ただ、仕事の現場や成果への反応を見て現状を捉えるのはもちろんですが、自分一人の体験で十分な情報を得られるとはかぎりません。インターネットや人とのコミュニケーションを通しても、常に最新情報を吸収して先を見据えていくようにしましょう。

向学心

常に市場で必要とされるためには、向学心も忘れずに。これからフリーランスとして働く人が増えていくと言われていますから、現状に満足していては後続者に追い抜かれ、将来的に仕事に溢れることになるかもしれません。情報収集はもちろん、自分自身のスキルアップも、仕事を引退するまで常に向き合うべき課題といえるでしょう。

一緒にお仕事する人への感謝

フリーランスとして働いていても、ほとんどの場合は、仕事が自分一人で完結しているわけではありません。自分の作品や収入は、他の人の働きによって支えられている部分があること、そしてその人たちへの感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

例えばライターなら、まず一番身近なのが、媒体を運営している編集者さんでしょう。さらにWEB媒体であれば、そのサイトを構築・管理しているエンジニアさんやデザイナーさんもいます。また、その媒体の収入を支えるために広告案件を獲ってくる、営業の担当者さんがいることもあるでしょう。社内で原稿料や経費の精算・管理をしてくれる経理担当者さんだっています。

締め切りの厳守や適切な連絡・報告は、こうした意識があれば、自然とできるようになるはず。あなたの仕事上での言動は、同じ案件に関わっている人を、困らせたり喜ばせたりする可能性があるのです。

また、メールに相手への感謝やお礼の言葉を添える、というのもお互いが気持ちよく仕事をする上で大切です。
例えば月末に請求書を送る際、担当者さんメールでとやりとりするのであれば、以下のような文を添えるのもいいでしょう。(ライターの場合)

先月は〜〜がSNSで話題になり、大変嬉しかったです。素敵な記事に仕上げてくださってありがとうございます。
来月もよろしくお願いいたします。

受け取った側は、味気ないメールよりもちょっと気分が上がりますよね。

断る勇気

一緒にお仕事をする人への気配りは必要ですが、どんなときでもクライアントや仲間に「Yes」と答えなければいけないわけではありません。

たとえば納得のいかない契約条件や報酬金額は、交渉するべきです。悪気があるわけではなく、フリーランスに業務を委託することに慣れておらず、適切な条件や金額がわからないというクライアントもいます。自分のあとに続くほかのフリーランスのためにも、自分たちに不利のない市場を作っておきましょう。

また、嘘をつかれたり不当な扱いを受けたり、契約内容に反することがあった場合は、異議を申し立てることも必要でしょう。モヤモヤとした気持ちを抱えながら仕事をすることは思っている以上にストレスになり、結果として仕事の質にも影響してきます。

なお、相手の態度が一貫している場合、案件が進行してから不満を伝えることは、迷惑になりかねません。なるべく途中で齟齬が発生しないよう、契約の締結や案件の開始前には、お互いの認識を確認し、よく擦り合わせておくようにしましょう。

自己管理能力

フリーランスにとって、スケジュールと健康の管理は思っている以上に難しい課題。

フリーランスになってはじめのうちは、自分のキャパを把握しきれていないので、限界まで仕事を詰め込まないよう注意しましょう。働いた分だけ収入が増えるフリーランスの場合、なるべくたくさんの仕事を受けたくなる気持ちもわかりますが、手が回らなくなってしまっては多方面に迷惑がかかります。進行に狂いが生じると、自分一人の問題ではなくなってきますから、自分のキャパを測りながら、徐々に仕事を増やしていくのがおススメです。

フリーランスは慣れてきてからが勝負!

フリーランスとして生きていくためには、自分をアップデートしながら、人間関係を良好に保ち、自分の立場を守っていく必要があります。収入が安定し、フリーランスに慣れてきてからも油断は禁物! 常に初心を忘れないようにしましょう。

オルカ

26,605 views

小笠原出身の島っ子ライター。フラダンスとジャズピアノが趣味の、新卒フリーランスです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧