• HOME
  • フリーランス
  • フリーランスには手帳が大事!あなたにぴったりの手帳を見つけよう!

フリーランスには手帳が大事!あなたにぴったりの手帳を見つけよう!

ノートとキャンドル
フリーランス

今年も残すところ、あと3ヶ月を切りましたね。この時期になると誰もが気になり始めるのが、来年の手帳です。

毎日違う場所でいろいろな仕事をしているフリーランスの人はもちろん、学校にバイトに課外活動にと忙しい学生さんには、やっぱり手帳でスケジュールを管理することは欠かせませんよね?

しかし最近は、中身のデザインの種類が豊富で、自分にはどんなタイプの手帳が合っているか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、毎年たくさんの手帳をチェックしている私が、中身のタイプ別に特徴とその手帳にオススメな人を紹介します。

手帳タイプ1. 持ち運びも楽な“マンスリータイプ”

手帳は便利ですが、ただでさえパソコンを持っていることが多いフリーランスの人だと、厚いものだと荷物になってしまいますよね。けれどざっと予定が確認できるものは持っていたいという人は、毎月のページのみの“マンスリータイプ”が合います。

とても薄いので、かさばることもありません。サイズが大きいA5タイプのものにすれば、一つのマスが大きいので1日の予定が多い人でも十分に書き込むことができますよ。

手帳タイプ2. メモ帳にもなる“ウィークリータイプ”

せっかく手帳を持つなら、予定だけでなくメモ帳としても使える1冊にしたい人は、毎月のページに加えて1週間ごとのページもある“ウィークリータイプ”がオススメです。

特に毎日いろいろな場所や時間に予定がたくさんあるフリーランスや学生さんは、月のページに予定だけ書き、ウィークリーページには細かい時間や場所・持ち物などを書くことができます。

また、右側がメモページになっているタイプのものならそこになんでも書けるので、別にメモ帳を持つ必要がありません。その週のタスクや、ちょっとした日記を書くのもいいですよ。

1週間の予定や記録をざっと確認できるのが、ウィークリータイプの良いポイントです。

手帳3. ライフスタイル管理もできるデイリータイプ

最近人気となっているのが、1日1ページの“デイリータイプ”。縦に時間軸が書いてあり、時間割のように予定が書けるので時間管理がしっかりできたり、メモもたっぷり書けます。ちょっと厚みはありますが、1時間刻みの時間軸は、特に忙しいフリーランスの人にいいと思います。

また、スケジュール管理をする手帳としてではなくて、日記として使うのもアリです!その日1日の予定を書き込み、日記や食べたものなどを記録しておけば、より詳しく残しておくことができます。そうすれば「あの日何してたのかな?」ということがなくなります。

ぴったりの手帳で充実した毎日を!
1年を一緒に過ごす手帳は、自分にぴったりなものがいいですよね。今年はちょっとじっくり選んでみて、その手帳で充実した毎日を過ごしましょう!

かなこ

56,064 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧