• HOME
  • フリーランス
  • 「開業届」ってどんなもの?提出方法や「青色申告」のメリットも紹介!

「開業届」ってどんなもの?提出方法や「青色申告」のメリットも紹介!

書類
フリーランス

個人事業主として仕事をスタートさせるための書類「開業届」。今回は、そんなフリーランスの入り口「開業届」を出す意味や提出方法についてご紹介していきます!

そもそも「開業届」って何?

「開業届」の正式名称は「個人事業の開廃業届出書」。 個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、提出すると個人事業主の税金に関する案内が届きます。

開業届を提出しなくても罰則はありません。ただ、提出することによるメリットがあるんです。
一番のメリットは、節税効果の高い「青色申告」で確定申告ができるようになること。青色申告を利用すると、様々な節税効果で所得税額を抑えることができます。

また、開業届を提出すれば、屋号で銀行口座を作ることもできます。個人用の口座を事業に使用しても問題ないのですが、経理作業の際には別々になっていると楽ですし、社会的な信用度も示すことができるでしょう。

「青色申告」「白色申告」って何?

そもそも事業所得や不動産所得がある人は、「青色申告」と「白色申告」いずれかの方法で確定申告を行う必要があります。「白色申告」は簡単な帳簿づけのみで可能ですが、「青色申告」はより詳細な複式簿記で帳簿を付けるのが義務。事前に税務署へ青色申告の申請書を出していない場合は、自動的に白色申告となります。

ここまでだと一見「白色申告」のほうが、帳簿や書類作成の手間が少なく、魅力的に感じることでしょう。ただ先ほど述べたように、開業届を出すことの一番のメリットは「青色申告」で確定申告できること。「青色申告」には、それだけメリットもあるということなんです。

青色申告のメリットとしてまず重要なのが、65万円の特別控除が適用されることです。収入から65万円を引くことができるので、税額を左右する所得額を低く抑えられます。

また青色申告であれば、赤字を3年間繰り越すことも可能。利益が出た年と赤字の年が交互にあった場合、利益の出た年に多額の税金を支払うのは負担が大きいですよね。3年間赤字が繰り越せるようになると、例えば1年目に50万円の赤字、2年目に50万円の赤字、3年目に100万円の黒字となった場合、3年目の事業所得を0と数えることがき、所得税がかからなくなります。

さらに自宅で仕事をする場合は、家賃や電気・水道・光熱費を経費として計上できるかの違いもあるんです。白色申告の場合は、これらの費用の主な部分が業務に使われていなければ認められませんが、青色申告では業務に使用した分に応じて、一部を経費に計上することが可能。収入が同額でも、経費が大きいほうが所得額を抑えれられるため、節税に繋がります。

「青色申告承認申請書」の提出期限は、開業後2ケ月以内。期限を過ぎるとその年の確定申告は白色申告で行わなければいけないため、開業届を提出する際に、一緒に管轄の税務署に出すことをおすすめします。

開業届はどうやって提出するの?

開業届の提出方法は簡単! 管轄の税務署に行ってその場で書類を記入するか、 国税庁のHPから書類をダウンロードして記入し、管轄の税務署宛に郵送するだけです。管轄の税務署がわからなければ、国税庁のHP上で住所から調べることができますよ。
また、開業届をオンライン上で記入しダウンロードできるサイトもあるため、必要書類や記入方法がわからなければ利用してみるのもいいでしょう。

提出期限は、原則として開業から1か月以内。開業日以前の経費は10万円以下までしか計上できないので、なるべく早めに提出しておきましょう。直接税務署に行く場合は、印鑑と身分証明書、マイナンバーカードを持っていくのを忘れずに!

ちなみに「開業届」は提出用のほかに控えがあると便利なので、2部作成しておきます。郵送の場合はその2部と切手付きの返信用封筒を同封して送ると、1部は後日受領印が押されて返ってくるので、それを控えとして保管しておきましょう。

また、平成28年からはマイナンバー制度が導入されたため、郵送の場合は本人確認書類の添付も必要になりました。「マイナンバーカードのコピー(表裏)」または、「通知カードのコピーと本人確認書類のコピー」を「本人確認書類(写)添付台紙」に貼り付けて同封しましょう。

屋号って何?

開業届には「屋号」を記入する欄もあります。「屋号」とは事業に使用する名称で、会社でいうところの「社名(商号)」にあたるもの。ただし個人事業の場合は、屋号をつけずに個人名のみで開業することもできますよ。また屋号を変更する場合は、次の確定申告の際、確定申告書の屋号の記載欄に、新しい名称を記入するだけでOKです。

「開業届」を提出して、フリーランスとして働こう!

「開業届」を提出したら、いよいよ法律的にも個人事業主の仲間入り。各種制度をうまく利用しながら、活動していきましょう!

オルカ

21,701 views

小笠原出身の島っ子ライター。フラダンスとジャズピアノが趣味の、新卒フリーランスです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧