Instagramの「勧誘案件」徹底的に阻止する方法とは?

instagramの画面
フリーランス

Instagramで多発している「勧誘案件」。きれいな写真をみたいだけなのに、仲間とコミュニケーションを取りたいだけなのに、勧誘されると鬱陶しいですよね。

そこで今回は、そんな勧誘案件への対処法をお伝えします。
間違っても引っかからないように、見かけたらすぐ○○!ですよ!

Instagramの勧誘案件ってどんなもの?

Instagramの勧誘案件とは、どのようなものがあるんでしょうか。
一番多いのが「副業系」です。

具体的には、
・○日で○円稼げます!
・クリックするだけで○円
・1日5分で○円
・本業をやめて、生活できるようになった
といったうたい文句で「一緒にやらない?」と誘ってくるもの。

そんな簡単に大金が手に入るなんて、明らかに怪しいと感じるものですが、どうして引っかかってしまうのでしょうか?

勧誘案件の多くは主婦に向けられている

Instagramの勧誘案件は、その多くが主婦に向けて発信されています。

主婦は家計のことや将来のことを真剣に悩み、お金は少しでもある方がいいと感じているため、うまい話に興味を持ってしまうのです。

ワーキングマザーやフリーランスのように、忙しく働いている場合はあまり引っかからないかもしれませんが、専業主婦だと余計に「空き時間に収入を得られたらうれしい」と感じてしまうようです。

また勧誘してくるアカウント自体も、一見すると普通の主婦が運営しているように偽装しています。
副業についての投稿の合間に、子供や夫の話が出てくると「本当なのかも」と思ってしまうようです。

Instagramの勧誘案件の撃退法とは?

Instagramの勧誘案件、引っかからないとは思っていても、頻繁に連絡がくると鬱陶しいですよね。
そんな場合は、相手を「ブロック」するのが一番です!

ブロックした相手は自分の投稿を見ることができませんし、もちろん連絡をしてくることもできません。

でもこれは実際に声をかけられてからの対処法です。
事前に対処するにはどうしたらいいのでしょうか?

それは「副業」「お小遣い」「主婦」といったキーワードをプロフィールに載せないことです。

副業の勧誘を避けたくて、「副業系ブロックします」のような文章をプロフィールに入れている方、いませんか?実はこれ、逆効果なんです。

勧誘をしたい相手は、検索を使ってターゲットを探しています。
その際に使われるキーワードが「副業」「お小遣い」「主婦」といったもの。
その中にはもちろん、あなたが勧誘を避けたくて入れた「副業系ブロック」の文字も引っかかります。

勧誘のターゲットにされないためには、相手の目に留まらないようにすればいいのです。
見落としがちなプロフィールの言葉にも注意しましょう。

うまい話には裏があることを忘れない!

いろいろなアプリ

そんな簡単に稼ぐことができたら、今頃多くの人が億万長者ですよね。
コツコツと実績を積み重ねていくことが、のちに大きな成功につながっていきます。
うまい話に引っかからずに、がんばっていきましょう!

winkey

28,790 views

ゴーストライターです。(なんてね)女の子でよかったーーー!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧