• HOME
  • フリーランス
  • フリーランスならこだわりたい!自己アピールできる名刺のポイント5つ

フリーランスならこだわりたい!自己アピールできる名刺のポイント5つ

マークのついたカード
フリーランス

フリーランスで活動する際に、自分で用意する必要があるものといえば「名刺」。会社員と違って指定の名刺を支給してもらえないので、自分でデザインなどを決めなくてはいけません。特にクリエイティブに関わる職業だと、自分らしい名刺デザインにこだわっている人も多いですよ。

今回は、オリジナリティー際立つ名刺作りのポイントをご紹介していきます!

①名刺の「素材」を工夫する

名刺の素材は、やや硬めの、白い長方形の紙が一般的。オリジナル名刺を作るなら、まず素材から、自分好みのものを選ぶのもいいですね。

色を選ぶ

名刺は白い紙に印刷されているものが一般的ですが、フリーランスだと、黒色の紙を使用している人もよく見かけます。よりスタイリッシュな印象になるので、知的さを名刺から演出することができそうです。

もちろん黒以外にも、赤や青など、自分が人に与えたい印象に合わせて、紙の色を工夫することができます。知性や爽やかさを出したいなら寒色、親しみやすそうな陽気さや温かさを演出したいなら暖色、といったように使い分けてもいですね。名刺の紙は厚手なので、縁となる裁断面だけに色をつけてもおしゃれですよ。

紙を選ぶ

また、ちょっと変わった紙を使用しても、オリジナリティーある名刺を作ることができます。

例えば
・キラキラのラメがかかった紙
・つるつるのコーティングがされた光沢のある紙
・匂い付きの紙
・木を織り込んだ木目調の紙
・和紙
・羽のような繊維を織り込んだ紙
・エシカルペーパー(バナナ繊維などを原料とする、環境やフェアトレードに配慮した紙)
など、ひとくちに紙といっても種類はさまざま。

紙以外の素材を選ぶ

また、紙ではない素材
・透明のプラスチック
・ゴム
などを長方形に象って、名刺にしている人もいます。

ただし、通常の紙ではない素材を使うと制作コストがかかるので要注意。名刺は大量に必要になるものなので、見積もり額を気にしながら考えたほうがよさそうです。

②名刺の「形」を工夫する

名刺の素材を決めたら、形を工夫してみるのも面白いですよ。名刺サイズの長方形が一般的ですが
・二つ折り
・丸角
・楕円形
・封筒状(中にメッセージカード入り)
・葉っぱ型
・文字部分だけのくり抜き
・ポップアップカード(飛び出す絵本のような半立体)
・綿付き
など、形で印象に残る仕掛けを施すことも可能。

ただ、奇抜さを優先しすぎて名刺入れに入らない形になってしまうと、もらった相手が保管に困ってしまうかもしれません。名刺サイズ以内に収まるよう気をつけましょう。

③名刺の「デザイン」を工夫する

名刺にプリントするデザインも、オリジナリティーが出せる要素の一つ。通常は、会社のロゴや自分の情報のテキストのみを記載しますが
・漫画風
・グーグルの検索画面風
・免許証風
・トランプ風
・お札風
といったように、全体的なモチーフを決めてデザインすると、ユニークで目立つ名刺になります。

また、もう少しシンプルに
・テキスト部分のみラメ入り
・テキスト部分のみ立体加工
・似顔絵や自分の写真入り
という方法で、印象に残る仕上がりにすることも可能。似顔絵や写真があると、同じ場で複数人と名刺交換をした後でも、名前と顔がきちんと一致するのでオススメです。

④名刺を「手作り」する

名刺を作成する際は、素材やデザインを指定して、まとまった枚数を業者に発注するのが一般的。ただ、自分でデザインから印刷まで行い、完全に手作りするという人もいます。

手書きの文字をコピー

手書きで文字やイラストをデザインし、自宅のプリンターでコピーするという方法もあります。自筆するのは最初の1枚だけで、ほとんど手間はかかりませんし、名刺交換の際に「手書きなんですか⁉︎」と反応をもらえるのでオススメ。

また、自宅のプリンターでコピーすると、名刺を切らしてもすぐに用意できること、インク代・紙代というシンプルなコストしかかからないことが魅力です。

一枚一枚手書き

さらに、手作り名刺でいうと、チェキで自分の写真を撮り、そこに一枚一枚手書きで名前や連絡先を書き込んでいるという人も。大変手間やコストがかかりますが、確実に名刺交換で印象を残せそうです。

⑤名刺の「裏面」を工夫する

名刺の裏側は、白紙のままか、英語表記でオモテ面と同じ内容を記載するのが一般的。

ただし、クリエイティブ系の職業であれば
・WEB上のポートフォリオのURL
・ポートフォリオやツイッターへリンクするQRコード
・自分で 撮影/作成 した写真やイラスト
を掲載している人も多くいます。

また、仕事依頼や雑談に役立つように
・得意分野
・実績
・趣味
などを記載している場合もありますよ。

フリーランスは、オリジナルの名刺で自分をうまくアピールしよう!

名刺には、その人のセンスや人柄、こだわりがよく表れています。特徴的な名刺であれば、交換した際にコミュニケーションの機会を生み、相手に自分の印象を深く残すことができるでしょう。連絡先交換の手段として使用するにとどまらず、自己アピールの場として有効活用してみてください!



オルカ

35,263 views

小笠原出身の島っ子ライター。フラダンスとジャズピアノが趣味の、新卒フリーランスです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧