• HOME
  • フリーランス
  • 効率的な仕事の大敵?“夏冷え”や”冷え性”による体調不良にご用心!

効率的な仕事の大敵?“夏冷え”や”冷え性”による体調不良にご用心!

体調不良
フリーランス

夏でも大敵な体の冷え

梅雨も明けて、本格的な夏が到来!暑いと冷たいものを飲んだり食べたり、また、冷房が効いた部屋にこもりきりだったりしますよね。

けれどこの体を冷ます行為が、実は体に良くない影響を与えているかもしれないのです!それは何かと言うと、“冷え”。体の冷えは冬だけではなく、夏にも起こりやすい症状。特に体が冷えやすい女の子は、気をつけて欲しいもの。

そこで今回は“夏冷え”につながる行動と、その対策をご紹介します!

まずは冷えにつながる行動を知ろう!

1. 冷たいものを飲む・食べる

夏冷えにつながる行動でほぼ全員に当てはまるのが、冷たいものを飲む・食べること。

汗をかいて喉が乾くとキンキンに冷えた飲み物や、麺類やかき氷などの冷たい食べ物が欲しくなってしまいますよね。けれどそういったものは、お腹を冷やしてしまう可能性があります。

2. 冷房が効いたところに長時間いる

仕事や学校、また移動で電車などに乗ったりと、長い時間冷房が効いたところにいる人に注意してもらいたいのがこれ。

そんな人なら半袖や短い丈のものを身につけている時に、だんだんと寒く感じてくるのを体験したことがあるのではないでしょうか。私自身もこの経験はよくありました。腕や足をさわると、冷え切っていたこともあります!

3. 暑いから限界まで肌見せ&薄着

夏はできる限り薄着になったり、肌が出る服を着る人が多いと思いますが、やはりこれも冷えの原因に。

本人は気づいていなくても、内臓の冷えにつながってしまうこともあるのだとか!体の中も冷えてしまう原因は、冷たいもの食べたり飲んだりしたときだけではありません。

打倒夏冷え!対策法はこれ!

1.冷たいものの後は温かいものをとる

冷たいものは体に良くないとわかっても、やっぱり夏はそれを完全に避けることは難しいですよね。私もアイスが大好きなので、それはできません。

そこで最近私がやっているのは、冷たいものをとって暑さが落ち着いてきたら、温かい飲み物を飲むようにしています。冷えた胃が、ポカポカ暖かくなってくるのを感じるはずです。冷たいものを我慢はせず、こんな風にしてバランスを取ってくようにしましょう!

2. 体温調節ができる服装にする

通勤・通学などで外の移動の時は薄着でよくても、冷房の効いた建物や乗り物の中は寒いくらいだったりします。

それなので、脱ぎ着ができて体温調節が可能な服装にするようにしましょう!カーディガンなどを持ち歩くのも◎!

3. 夜はお風呂で温まる

夏だとお風呂はシャワーで済ますだけという人もいるかもしれませんが、お風呂にゆっくに浸かることによって、体をしっかり温めることができます。

また、冷え性改善の効果や温浴効果がある入浴剤やバスソルトを使うのもオススメ!自分のお気に入りのものを見つけて使えば、バスタイムも楽しくなりそう♡

これで“夏冷え”とはさようなら!

体を冷やすことだけに目が行きがちな夏。けれどそれは気づかないうちに、冷えにつながってしまいます。

冷たいものと上手く付き合いながら、夏でも体を温めることを忘れないようにしましょう!

かなこ

78,450 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧