【白肌で成約UP!?】今日からできる「室内日焼け対策」

室内日焼け対策
フリーランス

外に出なくても日焼けはする!

そろそろ本格的に気になってくる“日焼け”。女の子なら誰しもが、夏は日焼け対策に必死になりますよね。外に出れば直接紫外線を浴びることになるので、日焼けをしやすくなってしまうのはもちろんですが、実は室内に居ても油断はできないのです!

そのため、日中はお仕事や学校でずっと建物の中にいるという人も、日焼けをしてしまう可能性が!そこで今回は、「屋内での日焼け対策」をご紹介します。

室内にいるのに日焼けしてしまうのはなぜ?

外だけではなく室内にいても日焼けをしてしまうのは、“窓から入ってくる紫外線”のせい。なので外で直接紫外線を浴びていなくても、日焼けをしてしまうことがあるのです!

家なら窓の近くから離れれば大丈夫ですが、学校や会社の席が窓の近くだと言う人は、いつの間にか日焼けしていたということにならないようにするために、特に注意をするようにしましょう。

室内でも日焼けをすることが分かったところで、日焼け対策をご紹介します!

対策1.家に居ても日焼け止めを塗る!

外出するときは日焼け止めを欠かさないと思いますが、家に居るとしても日焼け止めを塗るようにしてみましょう。

日焼け止めの強さはいろいろありますが、そんなに強くないもので大丈夫。けれど外にいる時と同じように、時々塗り直すことも忘れないようにして下さい。

対策2.紫外線をカットするカーテンやフィルムを使う!

窓から入ってくる紫外線自体をどうにかしたいという人は、光を遮る遮光カーテンに変えるという方法も!遮光カーテンはその名の通り、光を遮ってくれます。また、室内に入ってくる日差しを抑えることができるので、部屋の温度が高くなるのを防いでくれる効果も。

他にも、窓に貼るUVカットフィルムというのもあります。カーテンを変えるのは大変かもしれませんが、これならあまり手間がかからず簡単に日焼け対策をすることができます。

対策3.肌の露出を控える!

外に出ていないのに、窓からの紫外線のせいで腕が日焼けするのはショックなはず……。それなので室内に居る時は、カーディガンを羽織ったりして肌の露出を控えるのも効果的です!

また、室内だと冷房が効きすぎて体が冷える可能性もあるので、カーディガンを羽織ることによって冷え防止にもつながり、一石二鳥。なお、黒や濃い色のものの方が、薄い色のものより紫外線を防いでくれるようですよ。

室内でも日焼け対策を忘れずに!

室内でも日焼けするということを、今まであまり意識していない人が多かったのではないでしょうか?

今日からは室内でも日焼け対策をして、この夏は焼かないで乗り切りましょう!

かなこ

89,439 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧