• HOME
  • フリーランス
  • 会社を辞めて独立・フリーランスになる前に、注意しておきたい”7つ”のこと。

会社を辞めて独立・フリーランスになる前に、注意しておきたい”7つ”のこと。

ライターレッスン
フリーランス

いま現在は会社で働いているけど「ゆくゆくはフリーランスとして働きたい」と思っている人、「これから独立しよう」と考えている人も多いかも。

一見、時間に自由があってかっこよく見えるフリーランスも意外な制限があって不自由な部分も。今回はフリーランスになった人たちの体験談をもとに、事前に知っておきたい会社を辞める前にすべきことを”7つ”厳選。

社会的信用が関わることは済ませておこう

1.まだ一枚も持っていないなら、クレジットカードは作っておく

フリーランスになると、公的な書類を作る時に職業のところに「自営業」と書くことになります。美容院やエステの会員証はなんの問題もなく作れますが「お金を扱うカード」については話が変わって来ます。特にクレジットカードは「信用」を対価にして使うものなので自営業の場合は「カード会社の審査」で落とされることも…、。それだけ社会的信用が未だに低い職業形態であることも事実。もし、今会社に勤めているなら事前にカードを作ってしまったほうが良さそうです。

2.すぐ引越しを考えているなら、不動産はあらかじめ契約しておく

会社を辞めるにあたって拠点をどこにおくかは重要になって来ます。フリーランスのいいところは毎日決まった場所、決まった時間に通勤しなくてもいいところ。しかし裏を返せば仕事をする場所がないので自らが選択しなくてはなりません。独立後、自分にあった家を見つけて引越しをしようとしたら「審査が通らなかった…」なんてことにならないようにしたいですよね。もし自分の好きな家に住みたいのであれば先に契約してから退職することをお勧めします。

https://we-wink.com/honest/1552/ フリーランスの賃貸事情についての記事も合わせて読んでみてください。

3.不動産・車・エステなどの高額な費用がかかるものは、計画的にローンを組む

「借金」というと日本ではマイナスのイメージを抱く人も多いですが「先行投資」としてお金を借りることは悪いことではありませんよね。例えば「家」や「車」は資産になるし、「エステ」や「脱毛」は自信に繋がります。歯止めもなくお金を借りて、返せなくなり返済に追われるのはよくないですが上手に付き合っていけばローンをすることだって大切。独立後の自分の月収をあらかじめ把握しつつ生活費を捻出し、毎月払える可能額を導き出しましょう。会社員の方が審査が通りやすいので、申し込みをしておくといいですね。

独立後の「オカネ」について考えて見よう

4.毎月入ってくる「オカネ」と出ていく「オカネ」はいくら?

フリーランスといえど収入が不安定すぎる時期に独立すると「オカネ」に対する不安で精神的にもよくないです。毎月入ってくる「仕事」とその「収入」。反対に出ていく「支出」は辞める前に一度整理しておきましょう。毎月の収入に基づいて「固定費はいくらか」「削れるところはないか」「食費はいくらまでに抑えるか」を見直すと不安が軽減。また、収入が途絶えてしまった時の対処法もいくつか選択肢を持っておけるといいですね。「実家に住む」「貯金を崩す」「アルバイトする」などなんでもいいので万が一の時を想定して対策は練っておきましょう。

5.避けては通れない「確定申告」の壁

会社員時代はなんとなく毎月給料明細が届いて、なんとなく通帳に振り込まれるオカネ。保険料や年金、そのほかによくわからないけど引かれているオカネがありますよね。生きていく上で、税金や福利厚生に関する知識を持っておくことは大切。なぜ引かれてどんなことに使われているか、学校では教えてくれないオカネの知識は身につけておきましょう。フリーランスになると全て自分で払わなければいけないし、会社がやってくれていた確定申告も自分でしなければいけません。お金について知ることは世の中を知ることに繋がるのできちんと向き合いたいですね。

周囲の人に独立することを伝えよう

6.勢いで会社を辞めたとしても、隠さずに正直に伝えよう

一番ベストなのは独立後もある程度収入の見込めることですが、いろんな事情があり必ずしも計画的に独立できたという人だけではないと思います。「会社を辞めた」なんて言ったら親や友人、周りの人が心配するんじゃないかと隠してしまいがちですが正直にいうことが大切です。また、会社に勤めながら業務委託で副業していて、その副業を本業として独立するのであれば今までお世話になっていた会社にもそれを伝えましょう。お仕事が不安定になった時に手を差し伸べてくれる相手がいるとゆとりを持てます。

7.フリーランスや個人経営者の仲間を作ろう

独立すると、なぜかとてつもない孤独感に襲われることが。そんな時、心の支えになってくれるのが同じように「個」として働く人たちの存在です。同じ境遇にいる彼らは同じような悩みを抱えている場合が多いので理解し合える貴重な存在です。最近ではSNSの普及によりコミュニティに参加しやすくなっていると思うのでためらわず飛び込んで見るといいと思います。きっと新しい発見や出会いがあるはずです。私自身もそこからお仕事に発展したり、素敵な人たちとの繋がりを持てたりしたので孤独感を感じなくなりました。

「独立」は夢物語だけでは成し得ない

「夢」を追うこと、「目標」を持つこと。それに向かって走ることはとても素晴らしいこと。フリーランスになって一つ夢が叶うたびに、また新しい「夢」が出て来ることは多々あります。きっとこの先も「夢」が尽きることはありません。その中でフリーランスになるという選択肢は一つの「手段」であり、今後会社員になることも十分あり得ます。しかし会社という組織を抜けてみて一つだけ確かに言えることは、格段に社会の仕組みやお金の回り方を深く知る機会が増えました。そこで得たものは大きいし、個の力でお金を稼ぐ術も覚えたので何があっても生きる力はうまれたと思います。だから「夢」を見るだけではなく「現実」としっかり向き合って見ることも大切にしてくださいね。

ゆるみな。

29,644 views

22歳。フリーランスのビアクリエイター/ライター・編集/グラビアアイドル。言葉とビールと料理とバスケと猫が好きです。生まれ故郷の秋田のフルーツでビールを造っ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧