• HOME
  • ブログ
  • 【わたしが私であるように】新生活疲れに負けない、気持ちと時間の作り方

【わたしが私であるように】新生活疲れに負けない、気持ちと時間の作り方

ショートカットの女の子と光
ブログ

PM4:00。お日様の素敵な贈り物に私は恋をした。

皆さんこんにちは(こんばんは)
あっという間に4月になってしまいました。そして新しい年号も決まり平成を過ごせるのもあと残りわずか。新しい時代、令和が始まるというワクワク感と、平成が終わってしまうのかと名残惜しいばかりです。

そんな今日は、平成の残りわずかな時間を大切にしたいと思い、時間について話したいなと思います。また新生活がスタートし気持ちが浮き沈みしがちになる時期だと思うので、気持ちの作り方についても少し書きます。よかったら覗いてみてください♪

お日様が登り始める時間と沈み始める時間

昔から、おとぎ話や昔話・神話などのお話が大好きで、そのせいか物語を頭の中で繰り広げるのがとても好きなのです。妄想とも言えるでしょう。

例えば、嬉しいことがあった時には「誰かがご褒美をくれたんだなぁ」と思ったり、何かうまくいかないことが続く時には「最近少し怠けていたから、生活を見直しなさい」と言われているような気がしたり…
周りからは、ドラマや映画の見過ぎ!笑 と言われることがあるけれど、物事をそんなふうに考えることによって同じように見える毎日が少しずつ違った光を灯し始めるのです。私はそう思います。

最近のとても好きな時間は〈お日様が仕事を始めるのに私たちの真上まで登り始める時間とお仕事を終えて今日もお疲れ様と沈み始める時間〉。
きっとこの中にも1つの物語があると、ちょっと妄想してみました。

お日様とお月様

朝、私たちが今日も元気に過ごせるよう光をくれるお日様は
カーテンを開けると、まだ重たい瞼を擦りあくびをする私たちに「起きてくださ~い!朝ですよ~!」と言わんばかりの元気すぎるくらい眩しい力を与えてくれます。いつも忙しい朝の時間。この何気なく過ぎ去る時間は”今日1日をいい気分でスタートさせる為の、彼からの素敵な贈り物です。”
お昼を過ぎ、お日様が仕事を終え、私たちも仕事を終えて家に帰れるよう、「みんな今日もお疲れ様~よく頑張りました。」
PM4:00。
朝の強く眩しい光とは真逆の光。まるで私たちをぎゅっと、優しく包み込んでくれているような柔らかな光を灯してくれます。

そして、今回は触れませんでしたが
夜、私たちが帰り道を迷わぬように、一人ではないことを教えてくれるように、眠りにつくのを見守るお月様。彼女もまた、夢という素敵な贈り物を与えてくれるのです。

今日の最後に

新学期、新生活がスタートして疲れも出てくる頃だと思います。そんな時こそ自分の気持ちと向き合って、ゆっくりできる時間を大切にしてみてください。TVを見るもよし美味しいご飯を食べるもよし、友達や彼・家族、一人で過ごすのもいいですね。
今日も読んでくれた皆さんが素敵なひと時を過ごせますように。今日も彼らが私たちのことを応援してくれています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

miho

59,252 views

winkのmihoです。 もう少しでノマドワーカーになります。 言葉の世界にもっと寄り添いたいです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧