• HOME
  • ブログ
  • 【めくばせと、一杯。】心が躍る方向へ進め

【めくばせと、一杯。】心が躍る方向へ進め

めくばせと、一杯。
ブログ

ここ2、3ヶ月、不幸が足りていない。

もちろん、生きていれば其処此処に悲しみは積もるし、小さな不満が重なったりはするのだけれど、熱や勢いに任せて言葉を紡げるほどの不幸は、圧倒的に足りない。

いや、「不幸だ」と感じる心や時間が足りない、というべきだろうか。

今回は、2011年から7年間続いた価値観の改革や、思い描く未来を手に入れる方法について書いていく。

「不幸」に救われ、精神的な自由を手に入れた2019年

わたしが「不幸だ」とはっきり感じたのは、たしか2011年だった。2011年から昨年までの7年間は、絵に描いたような不幸の連続だったし、そう感じる心があったように思う。

東日本大震災の被災から始まり、いじめに遭ったり、学校を辞めたり、家族や友人・恋人との関係を突然強制終了させられたり。人間や世界に対する信頼がゼロになると共に、自分の価値観を変えざるを得ない瞬間が幾度となく訪れた。

昨年の10月ごろまでは出来事に対して「不幸」という言葉を貼り、それを憂う時間もあったし、その2文字に何度も救われてきたのだ。

 

しかし、今年に入ってから自分の中の何かがパンッと弾け、精神的な自由を手に入れたような気がする。

元々持ち合わせていたお気楽でポジティブな面を出せるようになったし、‘‘人間’’に対する恐怖心や壁がうすくやわらかくなり、世界を愛し抜きたい気持ちが日々大きくなっている。

そんな時、西洋占星術のサイトを見つけた。もともと星や占い、スピリチュアルなものが好きだったわたしは、興味深い記事を食い入るように読み、学んだことがある。

2011年から7年間続いた、人生観・価値観の改革

少し難しい話になってしまうのだけれど、わたしの太陽星座である天秤座の対人エリアには、「自由と改革の星」である天王星が2011年から7年間滞在していたようだ。

天王星は時に手荒な方法を使って、わたしたちに変化と改革を求め、古い価値観や体制から新しい可能性を引き出してくれる。対人エリアに君臨すると、家族や友人、パートナーシップ、仕事関係において影響を及ぼすらしい。

実際に、2011年からの7年間、突然恋人や友人と強制終了させられる、急な転勤が決まるなど、主に人間関係において今まで感じたことのないほどの寂しさや厳しさを味わった天秤座は多いだろう。

(人間はひとりひとり、10の天体を持っている。一般的な占いで使われる‘‘星座’’は、占星術で‘‘太陽星座’’と呼ばれ、人生の方向性や在りたい姿を表す。また、10の天体の位置により、自分にどんな特徴・傾向があるのか、恋愛運や天職、人生の試練などがわかる)

 

人と生きることに対して何度も深く考えさせられたこの7年間は、思い返してみれば、学びの連続だった。

自分の至らなさを知ったおかげで、誠実とは何なのか、他者と生きるとはどういうことか、愛するためにはどうあるべきか、自分の中での答えが見えてきている。

心が踊る方向へ進め

最近ふと、クリエイターはある程度不幸でなければならないのではないか、と考えている。目の前の事象に対する不満、不安、怒りだけでなく、「自分は不幸だ」と感じる心がなければ、ものを作り出すことなどできない。

クリエイターであり続けるためには、「不幸」を選び取る強い意志が必要なのだ。

 

しかしわたしは今、言葉が出ない。過去の自分に向かって、言いたいことがない。

言葉を紡ぐ人間としては絶望的な状況だけれど、「不幸な経験から学び、自分の糧にしたい」という願いが叶いつつある今、明るい未来を信じてやっと歩き出せる気がする。

 

もちろん、不安で眠れない夜もある。見えない未来に足が竦んで、自分なんてと思う瞬間もある。

でも、わたしたちは思い描く未来を手に入れられるはず。心の底からすべてを信じ、世界を愛し、心が踊るものに力を注ぎ続けることができるならば。

未来は決まっているものではなくて、今この一瞬の積み重ねによって作られる。

だから、どんな時でも自分の1番の味方でいよう。
周りの人に、もっともっと愛を囁こう。
自分が何を好きで、何にワクワクするのか、心の声に耳を傾けてみよう。
世の中の「こうすべき」に従わなくてもいい、心が躍る方向へ舵を取ろう。

大丈夫、きっとうまくいく。

おわりに

なんだか上から目線のように見えていたらごめんなさい。

けれど、わたしはみなさんの絶対的な味方でいたいと心から思っています。

もし、誰に相談したらいいのかわからず恐怖や不安で眠れないのなら、こちらからお気軽にTwitterのDMを飛ばしてくださいね。

めくばせ

57,678 views

東京でゆるゆると生きながら、ことばと生きている21歳。揺れるものとピアス、視線が好き。人生のテーマは‘‘愛’’。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧