• HOME
  • ブログ
  • 自分の強みになるのは“どのレベルまでできるか”を知ること!

自分の強みになるのは“どのレベルまでできるか”を知ること!

ハンドメイドのフープピアスがある
ブログ

みなさん、こんにちは!winkluvのm“rainbow girl”かなこです♡

winkluvの中には行動的な子が多いので、「気になったらとりあえずやってみる!」という精神の持ち主の子が多いと思いますが、中には「どうせ自分には無理」「失敗したくないな」と思って踏み出せない子もいると思います。

私はといえば、自信がある分野ややったことないものだと「やらなきゃわからない!」と思ってすぐに挑戦してみる派なのですが、興味があっても向いてなさそうと思うものだと意外とやる前から諦めてしまいます。

そんな私は先日、やってみたいけれど自分にはできなだろうと諦めて手をつけていなかったことに挑戦してみました!今回は、そんな「やってみる」ということについてのお話です。

できないと思いつつも挑戦してみた結果は?

今回私が挑戦してみたのは、「ハンドメイドアクセサリー」です。ずっとやってみたいと思ったのですが、私は小学生の頃から裁縫や細かい作業が苦手。だから自分にはできないだろうなと思い、挑戦してきませんでした。

しかし先日アクセサリーパーツ屋さんになんとなく立ち寄ったら、かわいいパーツやキラキラしたビーズに目を奪われてしまい、「こんなので自分の想い通りのアクセサリーが作れたら最高!」と思いました。そこで私は、とりあえずちょっとだけやってみようと思い、その場で基本的な道具といくつかのアクセサリーの材料を購入。そうしてやってみたところ、一気に3つのピアスを作ることができたのです。

と言っても今回作ったのはビーズを通したり、ピアスとパーツをつなげたりという単純なもの。ハンドメイドが得意な人から見れば大したことではないかもしれませんが、それさえできないと思っていた私にとっては大きな出来事でした。

できた後には“どのくらいできるか”を把握する!

「やってみなければわからない」とはよく言われる言葉で、今回のことを通して改めてそうだなと感じましたが、新たに発見したのは、“できたとしたら、どの程度までできるか把握する”ということ。

例えば今回の私の場合は、簡単なピアスなら作ることができることがわかりました。けれど、UVレジンを使ってパーツそのものを作ったりするのはまだできないなと感じました。いつかは今回のようにやりたいと思うかもしれないけれど、とりあえずは今できる範囲で楽しもうかなと思っています。

こんなふうに、自分がその分野でどの範囲まで力を発揮できるか、特にどのような作業が得意かということを知っているのは重要だということに気づきました。これは、仕事をする上でとても役に立つと思います。自分のできる範囲を知っていれば、提案された仕事が自分の能力以上だった場合、断ることができます。もちろん挑戦することも大切ですが、失敗が許されない場合も。特にフリーランスだとせっかく来たお仕事を断れないという人も多いと思いますが、そんな時には正直にできないことを伝える誠実さも忘れてはいけません。

また、他の人ができない分野が自分の得意なことだった場合、フォローしてあげることもできますよね。逆に自分が苦手な部分は助けてもらうこともできるかもしれません。

やってみてできることを知ったら、次は“今の自分ができるか”ということを把握することは、自分をしっかり相手に売ることができ、強みにもなります。同時に自分の足りない部分もわかるので、できる分野をもっと磨くか、またはできないことをできるようにするのか決めることもできます。

これをきっかけに、今の自分のできることはどの範囲までできるのか、というのを明確にしていきたいと思います。ぜひみなさんも、自分の現状を知るためにやってみてください。

ちなみにそのあともすぐにピアスを何個か作り、ひっそりとハンドメイドサイトで販売を始めました。私自身、よくハンドメイドアクセサリーを買っていて、つけるたびにかわいくておしゃれでハッピーになるので、そんな体験を自分の手で他の人にも届けられたらと思っています。

今日からついに12月!きっとあっという間に新年になってしまいそうですね……。12月の最初の週末は、忙しい今月を乗り切るためにも、ゆっくり過ごすのも良さそうですね。

今週も読んでくれてありがとうございました!

かなこ

67,963 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧