• HOME
  • ブログ
  • 余裕がない時こそ問われる“本当の自分”私の理想の自分とは?

余裕がない時こそ問われる“本当の自分”私の理想の自分とは?

ラブとハートが机にある
ブログ

みなさん、こんにちは!winkluvの“rainbow girl”かなこです♡

最近は在宅ワークやノマドワークで1人で働いているという人も増えていると思いますが、バイトをしている学生さんや会社勤務の人もwinkluvの中には多いと思います。たくさんの人と働く上で重要となってくるのが、お互いにフォローしあったり相手を思いやったりして行動すること。

私はこれまでのバイト経験などで、「余裕がない時に同じ現場で働くスタッフにどう対応するかで“本当の自分がどういう人間か”が問われるのではないか」と感じています。

今回は、私がこれまで働いてきた中で感じた人の本質が現れる瞬間、そして私がなりたい理想の自分についてお話しします。

いつでも笑顔の人で溢れていた私の職場

私が大学生時代の後半半分ずっと働いてきた職場は、日本はもちろん、海外からもたくさんの人が訪問する人気スポットでした。そのため土日は常に混んでいて、イベントなどがあると外に長蛇の列ができるほどの大混雑。そのような職場だとその日のオペレーションが難しかったり、ちょっと癖のあるお客さんがいたりして、イレギュラーな対応をしなければいけないこともしばしばありました。

アルバイトの私1人で判断できないこともあり、スタッフ全員が忙しい中、社員の方に質問することも。そんな時は毎回申し訳ないなと思いながら聞いていたのですが、ここの職場の方は誰1人として質問したことに対して嫌な顔をする人がいなかったのです。どんなに忙しくても笑顔で答えてくれ、失敗してしまったことに関しては励ましつつしっかりフォローしてくれました。

それまで私は飲食を中心にいくつかのバイトを経験してきましたが、忙しい中質問すると、やはりちょっとイライラされた顔を向けられたり、怒鳴られることもありました。もちろん私自身が完璧に仕事ができれば問題なかったのですが、そう思えばそう思うほど失敗してしまい、さらに怒らせるという負のループに陥ってしまったことも。しかし友達の話などを聞いていても、こんな職場がほとんどのような気がしていました。

それなので全員がどんな時でも笑顔で対応してくれることがわかってきた時は、「なんていい職場なんだ!」と感動したことを覚えています。そしてそれからは、自分もそんなふうにどんな時でも笑顔でいる人になることが目標になりました。

余裕がない時に現れる自分が本当の自分

そんな素晴らしい職場で働き始めて少し経った頃、私は「忙しくて余裕のない時こそ、本当の自分が現れるのではないか」と思うようになりました。そんな時に、人間としての器の大きさがわかるのです。目の前のことに追われている時は、きっと他のことまで考えたり人を思いやるのが難しい時もあるでしょう。けれどそんな時でも相手に対する態度が優しい人こそが、本当に芯から優しくて強く、人を思いやれる人なのではないでしょうか?

自分に余裕がなくて不安な時は、怒られたり嫌な顔を向けられたら気持ちが救われませんよね?けれど笑顔で対応してくれたら安心するし、前向きな気持ちになります。自分がいっぱいいっぱいでも、同じ環境にいる相手にどれだけ笑顔と安心を与えられるか。そうすることによって相手がどれだけ救われるか。私自身がその職場でいつもたくさんのスタッフの笑顔と優しさに助けられていたので、その重要性を実感し、私もこんな人間になりたいと思うようになりました。

そう意識して行動するようになってわかったのは、やはり自分が大変な状況の時に他の人を支える行動を取るのは簡単ではないということ。そこでより一層他のスタッフを尊敬し、改めて自分もそうなりたいと強く思いました。

そんな私が意識していることは、どんな時でもとにかく笑顔でいることと、安心する言葉をかけてあげること。そして何か問題が起きた時は、できる限り一緒に問題を解決すること。それを目指すことによって、自分自身も強くなれるのではないかと思っています。

11月の土曜日も今日で最後。来週からはついに師走です。今週末は今年の内にやっておきたいことをピックアップして、12月に備えるのもいいかもしれませんね。

今週も読んでくれてありがとうございました♡

かなこ

67,964 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧