お仕事を辞退したけどプラスになった話

女子会を楽しむ女の子
ブログ

brandyです。
有難い事に最近少しずつお仕事を頂くようになりました。
自分でも本気で驚いています。
今がとても幸せで、重要な時なんだなと日々思います。

ですが、タイトルにもあるように先日わたしはお仕事を辞退しました。

自分の現状

報酬面も、内容も悪かったわけではありません。むしろ良かった。
ただ、お仕事を受ける上で一番気にしていることは「納期」です。

わたしはパラレルワーカーです。
個人でのクリエイター活動を一本で生計を立てているわけではないです。
体調管理。
そして今頂いているお仕事。
わたしはこれらに責任を持つことが一番大事です。
そして気持ち的にも難しかったんです。
11月から本職の職場の環境が変わるので気持ちの余裕がありませんでした。
私はやるからには好きなイラストや制作を楽しみたいし、
余裕のない気持ちで作って自分が満足しないのは嫌です。
断ったことは初めてでしたが悔いはないです。

出会いから仕事が生まれる

前の記事で「ビールと仕事」というイベントに参加したことに触れたと思うのですが、
そこで出会ったゴマちゃんかなたさんが主催のイベントに関わりました!

しかもイラストレーターとして。。。
私がSNSや上げていたイラストを見てくださって、

『色使いが素敵だからお願いしたい!』

とっても嬉しかった。
私から営業をかけたわけでもなく。

お二人は私よりも少し年上ですが、クリエイターの私と対等に関わってくださいました。
謙虚に、運営は私なんかよりも大変なはずなのに。

イベント自体もとってもあったかいイベントでした。
初めましての方がほとんどでしたが、そんなことも感じさせないぐらい。

あの空間に入れたことが幸せです。
イベントのために何枚か書いたので、こちらからみていただければ嬉しいです!

今後どのようにお仕事がしたいか

以前まではsnsのフォロワーを気にしていました。
有名にならないとお仕事には繋がらないと思っていました。
でもこの間お仕事を一緒にさせていただいたゆるみなさんの言葉や、
今お仕事をくださっている方との関わりで気づいたことがあります。
どんなに有名でも、
この人と一緒にまたお仕事がしたい!と思ってもらえなければ意味がないんです。
そして
私の作ったものを気に入っていただけること。
相互でメリットになるように
今後も関係を続けていくことが出来ること。

これが私のしたいお仕事です。
だから
まだまだ駆け出しのクリエイターですし、
報酬ももちろん欲しいけれども、
自分のできることでお互い支え合いたい。
そして、相手も自分も幸せになるお仕事がしたい。

私の思いがカタチになって、沢山の人が幸せになりますように!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

brandy

12,482 views

1996年生まれ、日本育ちのアフロ。マスカラ要らずのまつげと誰にも負けない笑顔の持ち主。現在は社会人をしながら「あなたのsoulをcreativeでカタチに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧