• HOME
  • ブログ
  • 【#めくばせ本】今すぐワクワクしよう。「やりたいこと」を見つける3つの習慣

【#めくばせ本】今すぐワクワクしよう。「やりたいこと」を見つける3つの習慣

楽しんでいる女性
ブログ

こんにちは、めくばせです。

週初めの月曜日、いかがお過ごしでしょうか。

今回から不定期で、わたしが本を読んで得た学びをwink blogに書いてみます。wink世代の女性たちの役に立てるであろう本を選んで紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

さて今回の【#めくばせ本】は、人生を絶対に後悔しない 「やりたいこと」が見つかる3つの習慣です。

《目次》
1.『やりたいこと』は本の中にはない

2.【習慣➀】欲求からワクワクを‘‘発見’’する

3.【習慣➁】ブレーキを外して‘‘行動’’する

4.【習慣➂】心の声に敏感に!‘‘直感’’に従う

5.さいごに

『やりたいこと』は本の中にはない

やりたいことを見つけたい! と思いこういった本を手に取る方も多いのですが、『やりたいこと』は本に書いてないんです。旅に出かけても自分は見つからないのと同じ。

『やりたいこと』は、自分のなかにある、ということにまず気がつけるかどうかが大事、とわたしは考えます。自分以外の何かに対して‘‘自分探し’’をするのはもうやめましょう!

過去の体験から欲求を明確にし、見つけたことを行動に移し、自分に合っているか感じる。この3つの行動を習慣化できれば、やりたいことは必ず見つかります。今回はその習慣について簡潔にお伝えしますね。

【習慣➀】欲求からワクワクを‘‘発見’’する

ワクワクを見つける

「わたしがやりたいことってなんだろう。将来を考えたら、あの仕事に就いた方が安定できそう。このスキルはきっと役に立つはず……」。こんな風に、やりたいことを‘‘考えて’’いませんか?

たしかに、お金や安定は大切です。お金がなければ生活もできないですし、不安定な状態がいつまでも続くと人の心は疲れます。スキルがあれば、なにかしらの価値を提供できるでしょう。

けれど、考えて生み出しても、ワクワクしませんよね。他人の意見や「こうしたほうが良さそう」という後ろ向きな自分の意見に振り回されず、心の声と直感に従う勇気を持てたなら、あなたは『やりたいこと』を感じられるはずです。

 

そこでまず、自分がどんなことにワクワクしてきたのか思い出してみましょう。過去にワクワクしたことや、充実した体験を書き出してみてください。

次に、自分欲求(1人でやっても楽しいものに潜む欲求)と他人欲求(他人との関わりから得られるもの)を探り、過去のワクワク体験に当てはまる欲求を見つけます。

 

わたしの例を挙げてみますね。前回の記事でお伝えしたとおり、ゆるみなちゃんに依頼を受け、クラウドファンディングのリターンを制作することになりました。その話をいただいてから今まで、ずっとワクワクしています。

これに当てはまるわたしの自分欲求は「想像する・創造する・デザインする・貢献する・共感する」。他人欲求は「役に立っている・信用される・必要とされる」でしょう。

女性に共感し、想像するものを創造・デザインし、女性とゆるみなちゃんに貢献する。それを役に立っている・必要とされていると感じられ、信用されることが、わたしのワクワク・やりがいに繋がっています。

逆に、ワクワクを見つけたい時は想像したり、まず何かを作ってみるんです。すると「これやりたいかも!」と心がワクワクし始める。

 

自分欲求・他人欲求を満たすものであれば、あなたはワクワクできます。過去の体験からそれらの欲求を見つけ出し、‘‘ワクワク’’を感じる手掛かりにしてみてください。

【習慣➁】ブレーキを外して‘‘行動’’する

ブレーキと行動

時間がない、自分にはできない、周囲に反対された、どう動いたらいいのかわからない……。ワクワクすることを見つけても行動に移せない理由は、こんなところでしょう。

やりたいことを実行する時、「最後までやりきらなくては」「結果を残さなくては」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。私たちの‘‘WANT’’は、どんどん磨かれていくもの試しにやってみて「違うかも」と思ったら次に行ってもいいのです。

もちろん継続は大事ですが、ここはまだ『やりたいことを見つける過程』打率を上げるには、とにかくトライ&エラーを繰り返すことが必要だとわたしは思うのです。

 

そこでまずは、「時間がない」を解消し行動するための小さな機会を見つけます。忙しい毎日に新しい時間を作るのが難しければ、お風呂の最中に英単語を勉強するなど、普段やっていることにプラスしてみてはどうでしょうか。

「自分にはできない」理由を挙げ、できるようになる方法を明確にする。必要以上に良い人にならなくていいから、自分の直感を大事にする。漠然としていて行動できないのなら、情報を集めて具体化し、計画を立てる。

 

漠然とした不安は、あなたの足を止めてしまうのです。行動できない理由と対策を書き出しているうちに、気づくでしょう。「自分に出来ないことなんてないのでは?」と。

【習慣➂】心の声に敏感に!‘‘直感’’に従う

心の直感

最後に1番重要な‘‘直感’’の磨きかたをご紹介します。

‘‘直感’’は単なる感情とは違います。恐れや不安などの感情すべてに直感があるわけではないですし、「身体が拒否反応を起こしている」と感じてもただ疲れているだけ、なんてことも。

直感を磨くために、とてもリラックスしている状態を作り出しましょう。その前に、携帯などの機器をOFFにし、todoなどは一旦紙に書き出して頭のなかを空っぽにします。

わたしのオススメは10~15分ほどの瞑想。呼吸を整え、湧き上がってくる直感を楽しみます。雑念やネガティブな感情が現れたら指を鳴らしてチャラにしてくださいね。

湧き上がってきた直感はどんなものでも構いません。のちに、欲求リストやWantリストを参考にして理性的に検証すればいいのです。 Don’t think,feel. 考えるのではなく、感じましょう!

さいごに

ワクワクした時、果たしてこれが将来にどう結びつくのか不安になりますよね。でも、大丈夫です。

どう結びつくのかではなく、どう結びつけるのか。正解なのかではなく、どうしたら正解に導けるのか。ワクワクを追い求めていけば、必ず道は開けるとわたしは信じています。

3つの習慣を自分のものにして、ワクワクする未来へ一緒に歩いていきましょう! そのためにも、今後このような形で読者のみなさんをサポートしていけたらと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。それでは素敵な一週間を。

めくばせ

57,024 views

東京でゆるゆると生きながら、ことばと生きている21歳。揺れるものとピアス、視線が好き。人生のテーマは‘‘愛’’。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧