• HOME
  • ブログ
  • 長く走り続けるために大切なのは、一定のペースを守ること

長く走り続けるために大切なのは、一定のペースを守ること

光を手にする女性
ブログ

みなさんこんにちは、めくばせです。

週初めの月曜日、いかがお過ごしでしょうか。わたしは、猛暑から一転して秋の気配を漂わせる夜風に、驚きを隠せずにいます。

さてさて今日は、長く走り続けるコツについてのブログです。

 

人生には山や谷、緩急がある。「こんなに幸せでいいのだろうか」と不安になってしまうほどの幸福が訪れたかと思えば、微かな光さえ見えない暗闇に放り出される日も来る。

他者の思いや言葉が以前より見えやすくなった現代では、過剰に焦ったり不安になったりもする。そんな時のためにこの言葉を胸に留めておきたい。

「長く走り続けるには、一定のペースを守ることが大切」。

 

学生時代の長距離走を思い出してほしい。「速く走ろう」と焦って無理のあるペースで走り続け、ゴールもまだ見えないというのに疲れ切ってしまった経験はないだろうか。うまく呼吸ができなくなり、足は重くなり、抜いたはずの人が次々と追い越していく……。

人の身体や心にはそれぞれの‘‘容量’’があって、それぞれに‘‘心地よいペース’’を持っている。容量を把握せずに水を流し込み続けては身も心も重く苦しくなってしまうだろうし、「速く走らなくては」と焦ると思わぬ怪我に繋がり、目指すゴールから遠ざかってしまう可能性もある。

だとしたら、ゴールへの近道は、案外「自分のペースを守って走ること」なのかもしれない

生まれ育った環境から価値観、人間関係や生き方。なにからなにまで違う他者と比べそうになったら、比べて焦ってしまったら、まずは美味しいごはんを食べて、温かなお風呂に肩まで浸かろう。iPhoneの電源を切って、朝までぐっすりと眠ろう。

 

誰かと比べて「自分はどうしてダメなんだろう」なんて思わなくていい。あなたは今のままでも十分ステキだし、これからもっともっとステキになれる。

‘‘未来’’と‘‘今’’は別物だ。延長線上にあるけれど、今理想の自分になれていないからといって、未来もそうだとは限らない。ペースを守って続けていけば描く未来は必ず来ると、わたしは信じている。

 

夏にめっぽう弱く2ヶ月ほど地元へUターンしていたのですが、今週東京に戻ります。残暑が怖いです。しっかり休めたので、2018年残り4ヵ月、突っ走っていきたいな。

それでは、素敵な1週間を。

めくばせ

58,505 views

東京でゆるゆると生きながら、ことばと生きている21歳。揺れるものとピアス、視線が好き。人生のテーマは‘‘愛’’。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧