• HOME
  • ブログ
  • winkに入って5ヶ月。私の中に初めて芽生えた思いとは?

winkに入って5ヶ月。私の中に初めて芽生えた思いとは?

テーブルの上にお花と水がある
ブログ

winkに入って芽生えた初めての思いとは?

こんにちは!winkの“レインボーガール”かなこです♡

私はこのwinkに入って、8月で約5ヶ月が経ちます。その月日の間に、いつの間にか私の中には初めてのある思いが生まれました。

そんな思いが生まれたことに、正直自分でもびっくりしています。今回は、その私の思いについて書いていきます。

“自分”ではなく“誰か”のために

その思いとは『困っていたり前に進めない女の子の支えになりたい!背中を押したい!助けたい!』というものです。

私のやりたいことが目指すものは、「女の子にトキメキを届けてハッピーにする!」というもの。しかし、それはライターなどの自分が好きなことをして、それで女の子が幸せになったらいいなというもので、考えてみれば「自分がやりたいことをする」というのが、恥ずかしながら根幹にあったのです。女の子の役に立つことがしたいということは嘘ではないけれど、あくまで“自分”というものが先にありました。

けれど最近は、自分でも驚くくらい純粋に『女の子の力になることをしたい!』と強く思っています。

今の自分がしてもらっていることを、いつかは誰かに

こう思うようになった理由は明らかです。それは私自身、winkに入って代表のしいちゃんを始めwinkluvのメンバーに助けてもらっていて、winkそのものが私の大きな支えの一つになっているからです。

社会人経験がなくフリーランスになった私には、やはり分からないことが多かったり、不安になったりすることはあります。そんな時に相談したり助けてもらったりするのが、winkluvのメンバー。本当にいつも頼りにして、そのおかげで私はフリーランスとしてお仕事をすることができています。

あとは、400人以上の女の子のために日々動いているしいちゃんを見ているから、というのもすごく大きいです。誰か困っている女の子がいたらどこにでも駆けつけてすぐに解決するように動いてくれる姿は、まるでアンパンマンのよう!私もそんなしいちゃんに支えられている1人なのですが、いつの間にか私も、「いつかしいちゃんのように女の子のためになることをする存在になりたい!」と思うようになりました。

誰かを助けられるようになりたいと思えたことは、winkに入って5ヶ月経った、自分の成長の証です。それまではなんだかんだ“自分”しか見えていなくて、“自分”のことしか考えられていなかったのだと思います。だからこそ、心の底から“誰か”のためになりたいと思えた自分に気づいた時は成長したなと思い、そんな自分が嬉しくなりました。

女の子を支える方法はたくさん

私は今、将来どんな方法で女の子を支えようかなと考えたりしますが、その方法はたくさんあるし、女の子それぞれによって違うものになるだろうなと思います。
その方法はやっぱりお金かもしれないし、誰か人を紹介してあげることかもしれない。もしかしたら話を聞くだけで充分かもしれないし、一緒に行動してあげることかもしれない。解決策を挙げればキリがありません。

私はできる限りその子の望む通りに、いつでも手を差し伸べられる存在になろうと思っています。

誰かを支えるために、まずは自分が強くならねば!

これまで“自分”のことしか考えられなかった私の新しくできた夢は、“誰か”女の子を支える存在になること。それにはまず、自分がちゃんと仕事ができて、強くならなければいけません。

そのためにもっと成長するように努力をしつつ、その中でも誰かのためにできることをしていきます。

かなこ

89,388 views

ファッション誌もマンガも、モード系もかわいい系も、和食もスイーツもなんでも好きなレインボーガール。バイブルは”ゴシップ・ガール"。“女の子の心にトキメキを届...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧