• HOME
  • ブログ
  • 【備忘録NO.3】「美味しい」に不正解はないし、命の数だけ正解があっていい。

【備忘録NO.3】「美味しい」に不正解はないし、命の数だけ正解があっていい。

よなよなエールのイベント
ブログ

初めましての方もそうじゃない方もこんにちは。
読んでくれて、ありがとうございます。

改めまして、winkのゆるみな。です。
クラフトビールと言葉遊びが好きな23歳のごく普通の女の子です。

突然ですが、あなたは「食べること」は好きですか?
私は大好きです。美味しいものを食べてる時が一番幸せだし、美味しいものがある空間の人の表情が一番好きです。今日はそんな「美味しい」という感情についてお話ししたいと思います。

目次
・「美味しい」は人を幸せにする魔法の言葉
・「美味しい」の相対的基準
・「美味しい」を共有する時間と空間
・「美味しい」に不正解はない
・「美味しい」の伝道師に

「美味しい」は人を幸せにする魔法の言葉

「美味しい」って幸せ。
美味しいものを食べてるときにしかめっ面になる人なんていないですよね。

「美味しいを顔で表現してください」って言われたら満面の笑顔を見せるし、「絵で表してください」って言われたら明るい色で描く。「音楽」なら高い音で奏でると思うんです。

どんなに辛いことがあった日も、「美味しいもの」を食べると忘れられるし、落ち込んでる時に「美味しいもの食べに行こう!」て言われるとなんだか元気が出ます。

「美味しい」はどんな魔法よりも人を幸せにしてくれる言葉。

「美味しい」の相対的基準

でも「美味しいの基準」って人それぞれ違うから不思議です。

濃い味が好きな人がいれば、薄味が好きな人も。ジャンクフードばかり食べる人、ビーガンの人、お米派の人、パン派の人、甘党男子、辛党女子…。

「美味しい」の感覚は人によって違うものだから、不正解なんてきっとない。だから誰かの「美味しい」は、その人にとっての「美味しい」であって、それに対して「美味しくない」という言葉で否定するのは間違いです。

「美味しくない」は他人に強要しない。
「美味しくない」は自分の中にしまってそっと離れる。
その代わり、「美味しい」はたくさん広めましょう。

「美味しい」は誰も批判することのできない、相対的基準の上に成り立つ感情。

「美味しい」を共有する時間と空間

「何を食べるか」を決めるのって至福の時間。
美味しいものを想像するだけでお腹が空いてくるし、インターネットでお店選びをするとよだれが出ちゃいますよね。

好きな人に「何が食べたい?」って聞かれたら、「あなたが美味しいと思うものを食べたい」と答えます。 「美味しい」が相手への好意や関心につながる瞬間が好きです。

“あなたの美味しいを知りたい、教えて。”

「美味しい」のある場所に上下関係なんてない。
男も女も、子供も大人も、ニートもフリーターも学生も社会人も会社員も経営者もどんな人も「美味しい」を分かち合う空間に、優劣なんてない。その場にいる人全員が「美味しい」に集った同志です。

「美味しい」は、大切な誰かと心通じるかけがえのない時間と空間。

「美味しい」に不正解はない

“人生で「美味しい」を感じたことって何回あるのかな”

お母さんの作るしょっぱい肉じゃが、初めて自分で作った焦げたハンバーグ、給食で食べた冷めた炊き込みご飯。真夜中の小汚いお店のラーメン、学生時代の友達といったサイゼリアのミラノ風ドリア。断食明けの回復食のおかゆ。

決して高級じゃない料理も、その時に感じた「美味しい」はきっと正解で。
「美味しい」の記憶は、いつ思い返しても幸せな気持ちになれるから最高。

不正解のない「美味しい」を、もっとたくさんの人と共有できる世界が見たい。

「美味しい」の伝道師に

だから私はもっといろんな人と「美味しい」を分かち合いたいです。
「美味しい」が溢れる場で一人でも多くの人が笑ってくれますように。

私の作る「美味しい」で一人でも多くの人が幸せになって欲しい。
私の知ってる「美味しい」が一人でも多くの人に伝わりますように。

日曜日の夜、どうか美味しいものを食べて
また明日から生きる力を蓄えてください。

いい週末を。

ゆるみな。

29,935 views

22歳。フリーランスのビアクリエイター/ライター・編集/グラビアアイドル。言葉とビールと料理とバスケと猫が好きです。生まれ故郷の秋田のフルーツでビールを造っ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧