• HOME
  • ブログ
  • 【備忘録NO.2】winkの一員になったきっかけと代表との出会い

【備忘録NO.2】winkの一員になったきっかけと代表との出会い

沖縄でハザマの衣装
ブログ

初めましての方も、そうじゃない方もこんにちは。
開いてくれて、読んでくれて、ありがとうございます。

改めまして、winkのゆるみな。です。
クラフトビールと言葉遊びが好きな23歳のごく普通の女の子です。

今日は、私がwinkに入ろうと思ったきっかけ
のお話ししたいと思います。

とある日の昼下がり、ツイッターのリツイートで回ってきた女の子の写真。
目を引くような世界観と可愛らしい容姿に、思わず食い入るように見入ってしまいました。
そして写真を見ていると、不思議と肩の力が抜けて、優しい気持ちになれたのです。

「なんだかとても好きだな。」と思い会ったこともなかったけど、ついフォローしてしまいました。
それからというもの、会ったことないけどツイッター越しでゆるやかに繋がってるかわいい女の子のツイートを頻繁に見るようになりました。

写真だけじゃない、言葉から見える優しや、そして強さ。
どんどん気になり彼女に惹かれて行きました。
ある日、彼女の書いた昔の話がツイッターで流れてきたのを見つけてすぐにクリックして読みました。

書いてあったことは、震災の時のエピソード。
その時にとった彼女の行動、感じた気持ち、触れたもの、全てが自分が当たり前だと思って生きてきた道と違ってワクワクしたんです。
心の葛藤と、覚悟を決めた瞬間。
自分が思っている「当たり前」があっけなく壊された音がしました。

この女の子に会いたい。

その時のその衝動そのままに会いたいと言う気持ちをDMに込めました。
そしてついに、半年越しくらいで会える機会がきたのです。
もうその日がくるのが嬉しくて、嬉しくて。

…今だから言えますが、当時はとても緊張しました。笑

かわいい人と会うのはいつだって少し緊張します。
それももう恋のような。あの子はどんなメイクで、どんな服を着てくるのかな。
私はあの子の隣を歩いていいのかな。恥ずかしくない女の子でいられているかな。

初めて出会った時の彼女も少し緊張しているようで、そのことだけが少しの安心材料になりました。
カフェに入って話をすると、真っ直ぐな瞳で話を聞いてくれました。
たまに見せる笑顔がとても愛らしくて癒されました。

ああ、ツイッター越しで見るよりももっとずっと素敵な「女の人」だ。

私は彼女のことを一瞬で好きになりました。
彼女と一緒に夢を追いたい、叶えたいと思ったのです。
それが、現wink代表「しい」ちゃんです。

彼女の存在は、私にたくさんの希望と強さと勇気と力を与えてくれました。
そしてどんな時も味方でいてくれると言う強い言葉もくれました。

私はこのwinkの一員になれたことを誇りに思います。

そしてこれからも個人として、チームとして、
賢く、強く、そしてかわいい女の子として挑戦して行きたいです。

ここまで読んでくれてありがとうございました。
いい日曜日の夜をお過ごしください。

ゆるみな。

29,935 views

22歳。フリーランスのビアクリエイター/ライター・編集/グラビアアイドル。言葉とビールと料理とバスケと猫が好きです。生まれ故郷の秋田のフルーツでビールを造っ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧